スポンサーリンク

身の回りの知識

いまさら聞けない腸活のこと

健康について調べていると最近では「腸活」を目にすることが増えてきました。

腸に関しての活動なんだろうな、といっても具体的に何を意識していけばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

今回は腸活に必要な知識を簡単にまとめましたので、健康に興味ある人やこれから腸活を始めようと思っている方は是非とも情報収集していってくださいね。

なぜ腸を整える必要があるのか?

腸の働きとしては食事を通じて得た栄養素を吸収して、残ったものを便として排出する機能があります。

からだに入ってくるのは栄養だけではなくて有害な菌や物質が食べ物の中に含まれていることもあります

有害な菌に対抗できるように腸は免疫細胞の約60~70%が存在していて、病気や感染症から常に守ってくれています。

栄養を吸収するのと同時に有害な菌などを便として体外にだすことと、そもそも体内に入らないように守ることが大切です。

腸を健康に保つことはお腹の調子だけでなく、体調そのものをよくするために欠かせません。

腸活のココがポイント

お腹の調子だけでなく、心も体も健康になる

「幸せホルモン」と呼ばれている神経伝達物質のセロトニンは腸からの指示で脳でコントロールされているため、腸活をすれば健康だけでなく精神的にも幸せにちがづけます。

腸内フローラについて

腸内フローラって何?

腸内にはあらゆる細菌が集団ですみついていてその集団のことを腸内フローラといいます。

フローラは日本語でお花畑を意味していて、腸の表面を拡大してみるとお花のように見えるからこの名前がつきました。

その腸内フローラを整えることが今、これからの健康法として注目を浴びている腸活にあたります。

人間の腸内には約500〜1,000種類の細菌が存在しています。

小腸から大腸にかけて約100兆個にもおよんでいるため、この菌のバランスをとることが大切です。

善玉菌を増える食材を積極的に取りに行くだけでなく、いろいろな食品を楽しんで食べることが腸内細菌のバランスを整える近道です。

理想的な腸内フローラって何?

”腸内を整える”といわれても何を基準に整っているのかピンとこないですよね。

約100兆個の細菌は大きく分けると3種類になります。

よく聞く善玉菌と悪玉菌に加えて日和見菌(ひよりみきん)があってこのバランスを2:1:7にするのが目標です。

腸内フローラのバランスが崩れればお腹の不調から始まり、長期的には肩こりや肌荒れなどの全身に異変を感じることになります。

 

大腸のバリアとは?

この大腸のバリアには主に「守る」と「排泄する」の2つの機能があります。

それぞれ分けて解説していきましょう。

守る

大腸を守るために表面に粘液層が作られています。

粘液層が間に存在することで便が直接腸に触れることなく運ばれて、体外へと出ていきます。

逆にこの粘液層が無くなってしまうと、有害物質が直接腸にふれてしまうためからだに影響が出てしまいます。

排泄する

大腸で栄養が吸収されて不要な分は便として排泄されます。

その時に腸内の粘膜が潤滑油のはたらきをしてスムーズに便を外にだす手伝いをしてくれます。

そのため大腸バリアの機能に問題があると便が上手に運べずに、おなかの調子が悪くなって便秘や下痢などの症状がでてきます。

いかがでしょうか。

無意識で働いているためなかなか普段は存在を気にすることのない腸ですが、我々の人生を豊かにするためは腸活が非常に大切になってきます。

まずは知ることから初めて自分に合うか試していきましょう!

The following two tabs change content below.
プリンをこよなく愛しています。「全国にはこんなにたくさんのプリンがあるんだ!」と知ってもらうために活動を開始して、プリン屋さんとコラボでプレゼント企画をTwitterで実施。プリンをはじめとする幅広い情報配信をしたいと思い、最近はブログ開設しました。全国のオススメプリン情報を中心に、生活のちょっとお得な情報をブログで配信中。

スポンサーリンク

-身の回りの知識
-

© 2024 ぷりつど日記 Powered by AFFINGER5